妥協のないハイブリッドクラウドのセキュリティ.

クラウドネイティブおよびハイブリッド・クラウド環境は増加傾向にあり、それには正当な理由があります。しかし、クラウド環境を保護するために境界線中心(ペリメータセントリック)のセキュリティに頼っていると、クラウド環境は危険にさらされたままになってしまいます。クラウドネイティブおよびハイブリッドクラウド環境全体のクラウドセキュリティ態勢を可視化して制御することで、継続的なコンプライアンスを確保し、妥協することなく信頼性ゼロを実現します。

ハイブリッドクラウドのセキュリティ自動化.

ダイナミックなハイブリッド・クラウド環境でセキュリティとコンプライアンスを確保するために、セキュリティチームはリアルタイムの可視性、分析、レポート、介入ソリューションを必要としています。また、クラウド環境が従来の IT と同じセキュリティとコンプライアンスの要件を満たしていることを保証しなければなりません。そして、開発者の生産性を低下させることなく、これを実現しなければなりません。ポリシーを中心とした自動化ベースのアプローチをセキュリティに活用することで、ビジネスや開発者の生産性を阻害することなく、ゼロトラストモデルを実現します。

SecureCloudでクラウドへの旅を安全に。リスクを事前に修正し、ハイブリッド クラウド全体に一貫したセキュリティ ポリシーを適用します。

ハイブリッドクラウドのセキュリティポリシーの自動化は、クラウドネイティブおよびハイブリッドクラウド環境のセキュリティとコンプライアンスを確保するために必要なリアルタイムの可視性と制御を提供します。

Regain visibility and control

Ensure hybrid cloud security and compliance of dynamic environments with real-time visibility, analytics, reporting, and intervention.

Ensure continuous compliance

Gain confidence in knowing cloud resources and applications are properly configured and comply with established policies to minimize risk.

Enable zero trust

Continuously monitor activities in the environment and automatically create and enforce microsegmentation policies to reduce attack surface.

Automate network security into DevOps pipeline – Shift-left security

Embed hybrid cloud security solutions into DevOps CI/CD processes for early detection and fast remediation, and continuous compliance without hampering development efforts.

Accelerate cloud adoption and digital transformation without compromise

Balance agile, automated and secure with hybrid cloud security policy automation. Allow developers to focus on application development and security teams to define and enforce policy – without compromising agile or secure.