SecureCloud.

Tufin SecureCloudはクラウドセキュリティに革命をもたらします。企業はもはやセキュリティのためにビジネスに必要な素早い対応を犠牲にする必要はありません。SecureCloudのポリシー中心となる自動化ベースのアプローチを活用して、クラウドへの移行をセキュアにします。クラウドネイティブ、ハイブリッドクラウド、Kubernetes アプリケーションが適切に構成され、安全であることを認識して、安心感を得ることができます。

SecureCloudは、Tufin Orchestration Suiteに新たに追加された主要な機能であり、オンプレミス、クラウドネイティブ、ハイブリッドクラウドにまたがるセキュリティポリシー管理を統合する唯一のプラットフォームです。

可視化と制御

SecureCloud の自動ポリシー検出機能を使用して、ワークロードを自動的に検出し、可視化します。SecureCloud のアプリケーション中心のトポロジー ビューを使用して、デプロイされたすべてのアセット、構成、セキュリティ設定を可視化します。「誰が誰に話しているのか」、「何が何と話しているのか」を把握して、ポリシー違反を検出し、信頼できるワークロードとトラフィックのみが許可されていることを確認します。

SecureCloud dashboard

高速検出と軽減

SecureCloudは、不正な通信を自動的に検知してアラートを発することで、リスクを軽減し、セキュリティコンプライアンスを強化します。SIEMやメッセージングシステム(Slackなど)と統合して、設定ミスやコンプライアンスに準拠していないアプリケーションをセキュリティチームに通知します。

シフトレフト ネットワークセキュリティ

DevOpsのCI/CDパイプラインにセキュリティを組み込むことで、アジャイルプロセスを中断することなく、セキュリティとアジリティのバランスをとる(シフトレフト)。SecureCloudはDevOpsとネイティブに統合し、アプリケーションのネットワークトラフィックのリスク分析を提供します。開発サイクルの早い段階でセキュリティの問題を発見して修正することで、セキュリティと開発の間の競合を解決し、信頼性の高いセキュアなアプリケーションの提供を加速させます。

マイクロセグメンテーションの生成、テスト、および実施

ワークロードとアプリケーションのコンテキストに基づいて、マイクロセグメンテーションとポリシーガードレールを自動的に定義し、実施します。すべてののトラフィックが完全に可視化されるようになり、非準拠の通信を防ぎ、攻撃の対象となる場所を減らすようになります。ハイブリッド クラウド全体のワークロードを保護するために、最小特権の原則に準拠したワークロードにセキュリティ ポリシーを自動的に構成して適用します。

継続的なコンプライアンスの確保

クラウド リソースとアプリケーションが適切に構成され、確立されたポリシーに準拠していることで、信頼を得ることができます。SecureCloudは、コンテナ、パブリッククラウドサービス、ファイアウォールを継続的に監視してセキュリティ違反を検出し、不正な通信を自動的に警告してブロックすることで、継続的なコンプライアンスとアプリケーションの可用性と事業継続性を確保します。

ゼロトラストセキュリティモデルを有効に

可視性とマイクロセグメンテーションは、ゼロトラストのセキュリティモデルを構築するための鍵となります。SecureCloudは、お客様の環境でのアクティビティを継続的に監視し、マイクロセグメンテーションポリシーを自動的に作成して適用することで、攻撃の対象となる領域を削減します。

妥協することなくクラウドの導入とデジタルトランスフォーメーションを加速

ビジネスゴールとデジタルトランスフォーメーションの取り組みは、DevOps とセキュリティチームが最も効率的かつ効果的に機能するときに、最も効果的に達成されます。SecureCloudのポリシー自動化は、従来はビジネスの俊敏性に影響を与え、摩擦を生じさせていた新しいプロセスやテクノロジーを導入する必要をなくすことで、DevOpsとセキュリティチームに力を与えます。SecureCloudのセキュリティポリシー自動化で、アジャイル、自動化、安全性のバランスがとれるようになります。

素早くクラウドのセキュリティ評価を受ける

SecureCloudは、複雑なエージェントやコードの変更を必要とせずに、パブリッククラウドやKubernetes環境を分析します。時間は10分もかかりません。

  • CIS ベンチマーク準拠 - 業界標準のベストプラクティスを活用してセキュリティ態勢の改善
  • 寛容すぎるルール - セキュリティ侵害の主な原因
  • 危険なポート - 閉鎖が必要な予期せぬアクセスポイント
  • 脆弱性のある特権的なコンテナ - 担当者が見落としがちな攻撃者がルートアクセスを得るために使用する設定

プライバシーポリシーは、こちらから

A Practical Guide to Security

This guide explores these challenges and offers factors leading to cloud security struggles, the five major roadblocks to avoid, process, policy and platform changes that address these challenges