SecureChange.

Tufin が提供する SecureChangeはポリシーベースの自動化と設置、設定、管理(オーケストレーション)ソリューションを提供し、企業は正確なネットワーク変更を数日ではなく数分で実施することができます。

SecureChangeは、セキュリティとコンプライアンスを維持しながら、企業全体のデジタル ネットワークの変更プロセスを素早く実施し、監査の質を向上させます。

ネットワーク変更の自動化

SecureChangeは、ネットワークセキュリティの変更をエンドツーエンドで自動化することで、素早く対応していくことができるようになります。SecureChangeは、ヒューマンエラーを減らし、修復作業を最小限に抑えることで、チームがネットワーク変更をより迅速に実装できるようにします。これにより、チームは既存のリソースを活用してより多くの作業を行うことができます。

リスク評価による継続的なコンプライアンス

SecureChangeは、PCI DSS、SOX、NERC CIPなどの業界規制だけでなく、内部ポリシーの継続的なコンプライアンスをエンタープライズ企業向けのIT基盤として提供します。この製品は、コンプライアンスを実施し、規制違反やそれに伴う罰金を防止するために、統合されたリスクアセスメントを提供します。

監査可能な変更プロセス

SecureChangeは、変更の内容と監査対応レポートを含む、ネットワーク変更を自動的に実施し、監査証跡機能を提供します。また、冗長アクセスの廃止や自動化されたルールの再認証など、企業のコンプライアンスと監査のニーズに合わせたすぐに使えるワークフローを提供します。

柔軟なワークフロー

SecureChangeの自動化されたワークフローは、柔軟な設定オプションを提供するだけでなく、豊富なAPIによって機能の拡張性を高め、チケット システムや脆弱性検査ツールなどのサードパーティツールとの統合を可能にします。

豊富なベンダーサポート

エンドツーエンドの自動化とプロビジョニングは、AWS、Check Point、Cisco、Forcepoint、Fortinet、Juniper、Palo Alto Networksなど、さまざまなデバイスやベンダーを使用した異機種環境に対応しています。

ファイアウォールの自動クリーンアップ

SecureChangeは、ファイアウォールの変更を自動化するだけでなく、ファイアウォールルールやサーバの廃止、サーバポリシーの複製など、アクセスライフサイクルの他の側面も自動化します。これらのワークフローにより、セキュリティチームはファイアウォールポリシーをクリーンで最新の状態に保ち、リスクを軽減することができます。