金融サービス業界.

金融サービス業界は、ハッカーが最も標的とするリストのトップに常に位置しています。金融機関が保持している豊富な機密データは日ごとに増え続け、常にハッカーの標的となってきました。盗むべきデータが増えれば、それを盗もうとする試みも増えます。 昨年検出されたセキュリティインシデントは8%増加し、関連する金銭的損失が24%増加した(340万ドル)と報告されていますが、情報セキュリティ予算はほとんど伸びていません。

朗報としては、PCI DSSのようなセキュリティ基準や規制が施行され、隙間から何も漏れないようになっていることです。問題としては、これらのコンプライアンス規制を決定、検証、施行するのは金融機関であり、より厳しいガイドラインがより頻繁に提案されていることです。金融業界は、単に準備ができていないだけなのです。金融機関が直面しているもう1つの大きな課題は、特定の業務に対応するのに最も効率的で適切なプロセスや技術を導入していないことや、第三者やデータにアクセスできる従業員によってもたらされる脅威に適切に対処していないことです。