脆弱性の軽減..

ビジネス・コンテキスト・ネットワークの洞察を用いて脆弱性データを強化することで、修復と緩和の取り組みに優先順位をつけることができます。

ネットワークの洞察とビジネスコンテキストを脆弱性データと組み合わせる.

脆弱性スキャンの課題は、あまりにも多くの重要な脆弱性が発見されてしまうことで、それらの脆弱性にパッチを当てるために十分なリソースが利用できないことでした。組織は、最初にパッチを当てるべき脆弱性に優先順位をつけ、完全に対処できるようになるまで他の脆弱性のリスクを軽減する方法を見つける必要があります。

Tufin Vulnerability Mitigation appは、脆弱性スキャナのアウトプットをネットワークの洞察に基づいて強化することで、組織が修復と緩和の取り組みに優先順位をつけることを可能にします。脆弱性対策(CVSSおよび深刻度)と、ネットワークを介した脆弱性へのアクセスや悪用の可能性に関する洞察を組み合わせることで、重要なビジネス資産に対する最大の脅威となる脆弱性を特定し、対処するためのコンテキストを得ることができます。

Tufin Vulnerability Mitigation appは、Tufinと、Tenable.io、Tenable.sc、Qualys VMDR、Rapid7 Nexpose、Rapid7 InsightVMなど、最も広く利用されている脆弱性管理ソリューションとの統合がすぐに対応可能です。

Watch a Demo

リスクに応じた修復の優先順位付け

脆弱性の深刻度だけでなく、重要な資産の出現状況に基づいて、脆弱性の改善に優先順位をつけます。

ネットワークの洞察力を利用して脆弱な資産を特定

「アクセス可能であり」、かつ「悪用可能である」という脆弱性に起因する重要資産の全体的なリスクを簡単に評価できます。

修正措置ができない場合には、簡単に緩和策を適用

修正措置が完全に実施されるまで、重要な資産へのアクセスをブロックすることで、リスクの軽減を自動化します。

緩和と修復の結果を追跡

ネットワーク全体の脆弱性を明らかにし、緩和と修復の取り組みによる影響をハイライトする包括的なダッシュボードを介して、リスク・エクスポージャーを経時的に監視および測定します。