継続的なコンプライアンスを確保する.

ハイブリッドネットワーク全体で、規制や内部ポリシーへの継続的なコンプライアンスを確保します。

ネットワークセキュリティのためのコンプライアンスソリューション.

特にハイブリッド・クラウドを経由する場合、ネットワークはより複雑で断片的になりつつあります。セキュリティと接続が一元的に可視化されないことが、設定ミスにつながる場合があります。これにより、ネットワークの脆弱性を増大させたり、停止を引き起こしてしまうのです。

業界の規制や社内基準に準拠するために、企業は集中化された自動化されたネットワークセキュリティポリシー(基準)管理ソリューションによる可視化を必要としています。Tufin は、主要なファイアウォール、ルータ、スイッチ、SDN、パブリッククラウド、コンテナのすべての設定ミスを監視、制御、トラブルシューティングすることを可能にします。

MONEXTは、Tufinを導入してからわずか3ヶ月で、複雑さ、監査の手間、ファイアウォール ルールの数を(最大20%)削減することができました。

Tufinの導入により、CiscoおよびCheck PointファイアウォールのPCI DSSへの継続的なコンプライアンスを実現し、監査準備にかかる時間を半分に短縮することができました。
ネットワーク・テレコム部門 システムリーダー、MONEXT

Tufinを活用するメリット

Tufinを使用すると、組織が必要とするセキュリティポリシーを定義し、そのポリシーを使用してネットワーク全体のリソースとトラフィックを管理することができます。この統合セキュリティポリシーと監視およびプロビジョニングの自動化により、継続的なコンプライアンスを確保することができます。

コンプライアンスの自動化

Tufinを使用すると、組織のポリシー(基準)つまり、統合セキュリティポリシーを中央集中的に定義し、承認されたポリシーを使用してネットワーク全体のリソースとトラフィックを管理することができます。この統合セキュリティポリシーとTufin Orchestration Suiteで、マルチベンダーのハイブリッドネットワーク全体の監視とプロビジョニングを自動化することができます。

オンプレミスとクラウドで切れ目のないコンプライアンスを実現

Tufinは統合セキュリティポリシーに基づいて、ハイブリッドネットワーク全体にどのルールが適用され、それがポリシーに準拠しているか、または違反しているかを簡単に確認することができます。警告を設定して自動監視し、継続的なコンプライアンスを確保します。この自動化をさらに拡張して CI/CD パイプラインに組み込むことで、DevOps チームはセキュリティ基準を満たしながら素早く展開することができます。

ハイブリッドネットワーク上のアプリケーションの接続を確保

Tufinは、主要なファイアウォール、ルータ、スイッチ、SDN、パブリッククラウド、コンテナのすべての構成を監視、制御、トラブルシューティングすることができます。