リスク分析.

マルチベンダー、ハイブリッドネットワーク環境においても、セキュリティポリシーが適用され、正確に実施されているという確信を得ることができます。

セキュリティポリシーのリスクを最適化します.

ネットワークのリスク管理の評価をすることは、セキュリティポリシーの変更の影響を特定することが困難な複雑なネットワークに加えて、接続の追加や削除が継続的に行われるために非常に困難です。その結果、攻撃の対象が増え続けてしまい、企業は脆弱性を抱えたままになっています。これに対応するためには、より優れた管理アプローチが必要となるのです。

Tufinは、可視性とAI主導の「what-if」シナリオを提供することで、ポリシーを設定する前に、ポリシーの影響を特定して評価することができます。Tufin Orchestration Suiteは、ネットワークの変更を監視、分析、自動化、オーケストレーションスイートすることで、企業が直面するネットワークセキュリティの課題をコントロールすることができます。

Tufin Orchestration Suiteは、統一されたセキュリティポリシーを確立して実行することで、大規模で複雑な企業ネットワーク全体の攻撃対象を削減します。

このツール(Tufin)を使用してからの2年間、私たちは常に強化モードの状態にいます。リアルタイムで容易に入手可能な情報が得られ、(セキュリティの)懸念事項に積極的に対処するために必要なデータが得られるため、違反行為が減少しているのです。
グローバルプラットフォームディレクター、Ensono

セキュリティポリシーの最適化

集中管理されたコンソールから、ネットワーク全体の中で、誰が誰に何を話すことができ、何がに何を話すことができるかを管理することで、最適な統合セキュリティポリシーを特定するための知識、分析サポート、可視性を得ることができます。

リスクと違反をリアルタイムで特定し、管理する

 

Tufinはネットワークの変化を監視・分析し、統一されたネットワークセキュリティベンチマークと比較します。リスクと違反を特定し、例外を設定したり、公開されているデバイスに変更を加えることで管理することができます。「what-if」分析ツールではシナリオとパスオプションを提示し、リスクを事前に特定します。Tufinを使用することで、変更プロセスに組み込まれた自動化されたプロアクティブなリスク分析により、違反を完全に回避することができます。

セキュリティポリシーのリスクを可視化して管理

Tufin Orchestration Suiteは、ネットワークセキュリティポリシーのための包括的な事業継続管理ソリューションです。企業はあらゆる変更の事業継続リスクを簡単かつ効果的に評価、監視、アラート、監査することができます。アプリケーションの接続性と依存関係を定義して追跡するための独自の環境を提供することで、チームはビジネスアプリケーションの観点からセキュリティポリシーを管理し、ネットワーク接続の問題を簡単に診断することができます。

事業継続性

Tufin Orchestration Suiteは、ネットワークセキュリティポリシーのための包括的な事業継続管理ソリューションです。企業はあらゆる変更の事業継続リスクを簡単かつ効果的に評価、監視、アラート、監査することができます。アプリケーションの接続性と依存関係を定義して追跡するための独自の環境を提供することで、チームはビジネスアプリケーションの観点からセキュリティポリシーを管理し、ネットワーク接続の問題を簡単に診断することができます。