SecureApp.

ネットワークセキュリティポリシーを管理するためのアプリケーション主導の自動化

SecureAppは、ネットワークチームとアプリケーションチームが連携してアプリケーションの接続性を展開・維持し、事業継続性を監視し、コンプライアンスを確保し、ネットワーク変更を自動化するのに役立ちます。

SecureAppは、ネットワーク全体のアプリケーション接続の可視性とコントロールを提供します。アプリケーションのデプロイを迅速化することでビジネスの俊敏性が向上します。これにより、アプリケーションチームとネットワークセキュリティチーム間のコミュニケーションを向上させることができます。

アプリケーションの接続性管理

SecureAppは、エンドツーエンドのアプリケーション接続を包括的かつ正確に表示します。アプリケーションを定義して接続を設定すると、SecureAppはネットワークトポロジーインテリジェンスを使用して、アプリケーションの接続状態を継続的に表示します。また、接続性の問題の理解、トラブルシューティング、自動修復に役立つグラフィカルな診断ツールも提供します。 

セキュリティ変更を自動化することで変更を加速

SecureApp を使用すると、高度に自動化されたプロセスを通じて、アプリケーション接続の定義、実装、監視、保守、および廃止を行うことができます。SecureApp で接続リソースを指定してアプリケーション接続を作成または更新し、ボタンをクリックするだけで、SecureChange で関連するチケットを作成して自動化された変更ワークフローをトリガーすることができます。

可視化と制御

SecureApp は、すべてのアプリケーションの接続性要件、現在の接続性ステータス、および未解決の SecureChange チケットを一元管理することで、ビジネスアプリケーションをリアルタイムに可視化します。これにより、更新されることの少ないスプレッドシートでアプリケーション接続性のニーズを管理する一般的な方法と比較すると、大きな利点が得られます。

業務の効率化、コラボレーションの向上

SecureAppは、ネットワークに関連するすべてのアプリケーション変更のための中央集約型コンソールを提供することで、サイロ化したチーム間の摩擦を取り除き、変化するアプリケーション要件にネットワークが常に対応できるようにします。アプリケーションチームは、アプリケーションコンポーネントとその関係を定義することができ、ネットワークトポロジーの知識は必要ありません。

アプリケーション検出を自動化

SecureAppを使用すると、すべてのアプリケーションのリポジトリを構築することができます。また、ファイアウォールのリビジョンやネットワーク トラフィックを分析することで、アプリケーションの接続性を自動検出します。必要なのは単一のサーバーの IP アドレスを指定するだけで、SecureApp はこのサーバーのすべての潜在的な接続を識別します。