既存システムのクラウド移行ソリューション(リフト アンドシフト).

自動化されたセキュリティポリシー(基準)により、ハイブリッド環境全体に一貫したポリシーを適用することができます。これにより、クラウド環境を安全に保つことができるのです。大切なのは、機敏性、自動性と安全性のバランスです。

パブリック、プライベート、ハイブリッドの各クラウドでセキュリティの可視性を保つ.

クラウドに移行されたワークロードが既存のセキュリティポリシーを遵守していることを確認するには、リアルタイムでの可視性と管理が必要です。セキュリティの専門知識をほとんど持たない開発者が、セキュリティを考慮せずに、アプリケーションをクラウドに展開してしまうケースが多々あります。エンド間での可視性の欠如が、セキュリティチームの死角となり、ビジネスに潜在的なリスクをもたらします。クラウド環境が従来の IT 部門と同じセキュリティとコンプライアンスの要件を満たしていることを確認するにあたり、セキュリティチームは、開発者の生産性が損なわれないようにしなければいけません。

Tufinはネットワーク変更のプロビジョニングを自動化し、拡張性のある完全な監査証跡を提供します。

Tufinを活用するメリット

Tufinのセキュリティポリシー自動化機能は、クラウドに移行するワークロードの安全性を確保するために必要なリアルタイムの可視性、分析、制御を提供します。Tufinは、ワークロードとアプリケーションを、その依存関係やトラフィックフローとともに自動的に検出してインベントリを作成し、ポリシー違反の導入を検出して排除します。Tufinは、物理ファイアウォールに必要な変更とクラウドセキュリティグループに必要な新しい設定を特定し、スムーズで自動化された設定を実現します。Tufinは包括的なクラウド移行戦略を可能にし、クラウドへの移行に伴うリスクを軽減します。

統一され、一貫したクラウドセキュリティ

ワークロードに応じた一貫したセキュリティポリシーで、マルチクラウド環境とハイブリッド環境間でワークロード/アプリケーションを移行します。

発見と可視性

ワークロードとアプリ、その依存関係、トラフィックの流れを発見してインベントリ化することで、効果的な変更の実装に向けて可視性とポリシーの可視化を提供します。

自動化された安全な変更プロセス

企業のすべてのクラウド環境において、変更実施前のリスクをシミュレート、評価、分析します。